トピックス
特殊建築物定期調査報告

 3年に1回、マンションの安全・衛生・防災等に問題がないかのチェックを一級建築士など有資格者が行い、県や市に報告する「特殊建築物定期調査報告」があります。5階以上のマンションが対象ですが、行政側から通知が来ます。新築直後のマンションは対象外です。
区 域
 福岡市
久留米市
北九州市
その他の市町村
29年度
対  象
マンション
博多区
南 区
なし
門 司 区
小倉南区
戸 畑 区
S55年〜S61年度、H4、H7、H10、H13、H16、H19、H22、H25年度に竣工したもの
会員管理組合には福管連で技術顧問を紹介します(正会員限定)
費用の目安(1棟の場合)
1棟の戸数
金額(税別)
50戸
7万円〜
100戸
10万円〜
200戸
14万円〜
福管連では、報告が円滑に行われるように、技術顧問のご協力を得て、次の費用を目安として調査していただく技術顧問をご紹介します。福管連事務局にお申込みいただければ、技術顧問から見積書を差し上げます。その後の連絡・打合せは、直接、技術顧問と行ってください。紹介料、マージンなど一切、福管連はいただきません。
≪注意事項≫
(1)前回報告した資料が必要です。資料がなければ(新規の場合も)新たに図面等を作成しますので若干高くなります。
(2)タイル・モルタル打診で廊下・階段等から手の届く範囲以外が必要な場合は、別途料金になります。
(3)複数棟については、1棟の金額に棟数をかけたトータル金額の約60〜70%になります。


Copyright(C)2014 PICT. All rights reserved.