トピックス
ペット、日頃から災害の備え

 災害は、思いもよらず訪れます。ペットのための避難用品は、準備されていますか。

 避難所は、様々な事情を抱えた多数の避難者が共同生活をおくります。ペットは余程の好環境でなければ室内には入れません。吠えてうるさい、臭いがする、毛が飛ぶ、不衛生等々、トラブルのもとになります。ペットは避難所の屋外で、飼い主が自己責任で管理しなければなりません。

 避難所でのペット避難用品は、飼い主がペットの安全で安心に生息できるよう準備してください。
<避難用品の例>
ケージ(雨具、防寒具要)、リード(伸びないもの)、食器、排泄物の処理用具、おもちゃ等フード及び水等
情報名札:飼い主名・連絡先、ペット動物情報(種類、既往症等)等
 日頃室内で飼われているペットも、避難所での避難生息は、ストレスを抱え通常と異なる行動を起こすことも想像されます。興奮しているペットに不用意に手をだして、けがをすることもあります。飼い主は、心を静めて普段どおりの言葉遣いで声掛けなどをして落ち着かせてください。

 災害時は、ペットを置き去りにせず同行避難し、リードを離さずしっかり持ち、自分や家族はもちろんペットも安全避難、また他の方に危害を与えぬよう注意ください。

 携帯電話には、ペットの写真を保存しておいてください。ペットと、はぐれた場合には特定するときに必要となるでしょう。
飼い主も慣れない避難生活では、ペットがいることで大いに癒されることでしょう。ペット避難用品を準備し、ペットを日頃からケージの中でもおとなしくリラックスできるよう、ケージに慣らしておいてください。


Copyright(C)2014 PICT. All rights reserved.