業務知識・判例
来客用駐車場問題(短時間使用)を
“お互い様”感覚で解決を

 来客用駐車場が無いマンションでは、短時間駐車(来客、高齢者住居のデイケアサービスの車や親族の見守り訪問や専有部分の修理業者の駐車場等)問題で悩んである管理組合は多いと思います。
 ここで紹介する事例は、シェアで来客用駐車場問題を解決したマンション(築33年、44戸で平置き駐車場17台、来客用駐車場はありません)です。

○○○マンション管理組合
駐車カード
★ 来客の為、駐車場をお借りしています。
201号   ●■  ▽▲
連絡先電話番号  090−1234−5678
短時間の空き駐車場を借用する場合に限ってご使用ください。
(このカードは車中の見えやすい場所に提示してください)
 近くに小学校があり、路上駐車の取り締まりが厳しく、駐車違反のカードを貼られた経験を持たれた方が多数いて、この短時間駐車場問題が悩みだったようです。一方、駐車場契約者は通勤等で使用される関係で昼の時間帯は、結構空駐車区画がありました。そこで、空いている駐車場を短時間の来客用等に使用できるようにする総会決議をしました。常日頃から居住者間のコミュニティが醸成されていたからこそできた決議です。

 全住戸に、上記の『駐車カード』を配布しています。車を利用しての来客等の場合、空いている駐車区画を借り、フロントガラスにその駐車カードを置きます。そして、借りている駐車場契約者が帰宅されれば電話がかかりますので、空いている別の駐車区画に移ることもできます。素晴らしいのは、管理員や役員等の手を煩わせないことです。

 そういったお互い様と感謝の気持ちで運営すれば、限られたスペースを有効活用し、より良い日常生活が送れるのではないでしょうか。


Copyright(C)2014 PICT. All rights reserved.