業務知識・判例
災害に対する「覚悟」と「準備」が必要!

 大規模災害が起きれば、道路や建物が損壊し、さまざまなライフラインが停止します。
 マンションは、地震に対して、比較的安全な建物と言えますので、地震発生後に即避難所に向かうのではなく、自室で被災生活を送ることができる場合は、急いで動かず自宅で待機することも選択肢のひとつです。
 しかし、マンションでは、電気や水道が止まり、トイレやエレベーターも使えなくなります。命を守るために、家具の転倒防止対策や防災用品の備蓄、安否確認のための居住者名簿の作成など、個人や管理組合レベルでの防災対策が必要です。

マンションの自室で避難生活をお送れる環境をつくる!
マンションで避難生活を送ることを想定した備蓄を考えてみましょう。
1 水について
飲料水
一人1日3リットルが必要と言われています。各家庭の必要量を計算してみましょう。 ≪3リットル×(   )人=【    】リットル≫ ×1週間分
ウオーターサーバーは、飲料水を備蓄できるメリットがあります。
生活用水
お風呂にできるだけ水をためましょう。
保存タンク(3年間水道水保存可能な光触媒加工タンク=メデタンク等)に水道水を入れて比較的暗い場所に常時保管しましょう。
電気温水器の中の水は生活用水として利用可能です。
2 トイレについて
地震が発生した場合、配管が損傷しているケースがありますので総点検完了まで、トイレの水は流せません。
無理に流してしまうと共用配管で詰まって、各戸に汚水が逆流して吹き出す可能性が高くなります。
電気温水器の中の水は生活用水として利用可能です。
トイレタンクの水槽は、定期的に掃除をしておくことも大切です。
3 食事について
行政の支援を待つまでの間は、基本的に各家庭で食事に関する準備を行います。
マンション管理組合は、長期化する避難生活の補助的な役割として「1週間分の非常食の備蓄」を検討しましょう。
(『福管連 防災マニュアル』より抜粋)


Copyright(C)2014 PICT. All rights reserved.