業務知識・判例
福管連恒例! 情報交流会夏の陣スタート!
▼西部支部交流会
 梅雨もひと休み。初夏の好天に恵まれた平成26年6月8日(日)の午後、福岡市早良区のももちパレスで、毎年恒例、各地区で開催しています情報交流会の先陣を切って西部支部で開催されました。

 西部支部交流会といえども、西部地区だけでなく中央区や東区、南区や福岡市外からも多数参加していただき、合計36名もの参加者で会場いっぱい、活発な交流が予定時間を若干オーバーしましたがにぎやかに行われました。
第1部
「管理組合役員入門」13:35〜15:00


 講師の福管連松尾理事より、パソコンとスクリーンを駆使して、マンションの構造から始まりマンショントラブルの話、役員としての心構え、管理会社との付き合い方など「管理組合役員入門」と題して基本的な事項をわかりやすく説明しました。
第2部
「あなたのマンションの悩み事相談会」15:10〜16:35


 福管連田中理事より、多くの皆様に利用していただくために料金の大幅値下げを行った「ADR(裁判外紛争解決手続き)」と理事会の役員交代時等に大いに役立つ「福管連データバンクシステム」について、それぞれの利用メリット等を説明し、ぜひ利用していただくようお話しました。

 その後、第1部「管理組合役員入門」に関する質疑応答を行った後、あなたのマンションの悩み事相談会を行いました。
<管理組合役員入門の質疑応答・例>
Q.
監事の役割を教えてほしい?
A. 監事は理事とは立場が異なり、理事会の業務内容及び会計内容を監査する立場である。理事会への出席は任意であるが、出席しないと理事会の活動内容がわからないので、できるだけ出席すべきである。
<あなたのマンションの悩み事相談会>
事前にハガキで受付けたテーマから優先的に話し合い、皆様からいろんな意見を頂きました。
(1) 小規模マンションで、居住者の高齢化と管理会社や不動産会社の買い占め問題。
高齢化問題については、今後福管連でも力を入れていきます。
(2) 大規模改修工事前に建物診断を受ける予定である。
大規模改修工事時期が近づいている場合で、設計監理方式を採用するのであれば、大規模改修工事の中で建物診断を実施するので無駄が多い。
(3) 大規模改修工事を平成28年(築15年目)に予定しており、修繕委員会の立ち上げを検討したができなかったので、理事会で兼務していいか。
理事会や理事が兼務する例は結構あります。
(4) 管理費等の滞納回収対策と空き駐車場対策を知りたい。
滞納問題は、中島繁樹弁護士の「滞納管理費改修の基本」DVDを参考に。


Copyright(C)2014 PICT. All rights reserved.