業務知識・判例
25年度 サッシ(窓)改修に国から省エネ補助金が出ました!
 補助金は平成26年度も出る模様ですが、補助金申請から工事完了まで、国交省では約6ヶ月、経産省で約5.5ヶ月かかります。申請には、(1)窓改修の合意決議、(2)施工会社決定・発注金額(工事金額を含む。)の合意、(3)竣工図の建築図面が必ず必要です。申請をご希望の組合は早めに着手してください。窓改修工事は、認可後着手が条件です。

 業者に問い合わせたところ、窓改修工事は、50戸4窓/戸で3.5ヶ月程度かかるとのことです。工事業者その他詳しいことは福管連へお問い合わせください。
管轄省庁
国土交通省
経済産業省
補助金タイトル 平成25年住宅・建築物省エネ改修等申請事業 平成25年度住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金
受付機関 独立行政法人 建築研究所 一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII:エスアイアイ)
申請期限 平成25年5月29日から平成25年6月26日 平成25年8月1日から平成25年11月29日
認可までの期間 申請後約2ヶ月 申請後約1ヵ月
補助金交付申請期限 支払い月は、9月、12月、3月(工事着手平成26年3月31日まで、工事完了期限平成27年2月末日) 平成26年1月31日(工事完了期限平成26年1月15日)
省エネ基準目標 建物全体で概ね10%以上の省エネ 補助対象経費の1/3位以内、上限/150万円/1戸
補助対象外
a
a
a
a
a
a
a
b
b
b
b
a
a
b
b
b
b
a
a
b
b
b
b
a
a
b
b
b
b
a
a
b
b
b
b
a
左 図30戸の場合a(最悪条件の住戸)14戸は対象外の為、16戸の工事費の1/3かつ50万円/以内
・SIIが認めた、登録されたもの以外の材料費・防犯・防火性能の材料費(網戸等)
・設備機器
・諸経費、設計費、送料、交通費、廃材処理費、管理費、調査費、消費税、エネルギー供給業者への申請費等
その他 ・設備改修なしで窓改修のみでも基準をみたせば可
・交付申請書が到着後、工事契約・平成25年度には、平成24年度の補正予算の実施もあり、実質25年度は2回実施
・予算なくなり次第終了
・省エネ効果の報告必要(九州電力へ棟別・月別電力使用量を入手し報告(改修前1年および改修後2年間)
・設備改修は対象外
・予定者決定通知受理前の工事着手は補助対象外・平成25年度より開始で、今後も継続実施の見込
・予算なくなり次第終了

(資料提供(株)LIXILビルリフォーム販売 九州支店)



Copyright(C)2013 PICT. All rights reserved.