業務知識・判例
消費者庁 エレベーター事故続発で利用時の注意喚起

 消費者庁は、エレベーターによる死亡事故が続発しているために、平成24年12月4日、事故にあわないために、エレベーター利用時の注意とエレベーターの安全管理等について概要次のとおり、注意喚起の文書を発出しました。

 エレベーターは、日常生活に欠くことのできないものですが、多くの危険が潜んでいますので、居住者、利用者への注意を喚起してください。
                      ◇           ◇  

  1. 事故発生状況
     平成24年10月に金沢市で、エレベーターに挟まれた女性が死亡事故発生。12月2日にも名古屋市でエレベーターによる死亡事故が発生しました。東京都港区で平成18年6月に死亡事故が発生したことをきっかけに、エレベーターに戸開走行保護装置の設置を義務付けましたが、エレベーター協会が把握しているエレベーター約68万台のうち戸開走行保護装置が設置されているのは、5万台から6万台、約1割とのことです。下のマークが貼られている場合は戸開走行保護装置が設置されています。
  2. 利用者の皆様へ −事故未然防止のために−
    (1) 異常を感じたら、すぐエレベーターの所有者・管理者に伝えましょう。
    大きな事故の前には、かごの停止位置がずれて段差ができる、異音がするなどの異常が見られる場合があります。
    (2) 乗り込む前に、エレベーターの中を確認しましょう。
    かごの停止位置がずれたため、段差ができてつまずくことがあります。
    中にかごが無かった場合には、転落して大きな事故につながる恐れもあります。
    (3) 慌てて乗り降りしないでください。
    慌てて乗り降りすると、扉に挟まれたり、つまずいて転倒したりします。
    (4) 閉じ込められた際は、外部に連絡を取ってください。
    エレベーター内に閉じ込められてしまった時には、落ち着いて行動し、インターホンで外部と連絡を取り助けを待ちましょう。

     日頃使用するエレベーターに閉じ込められた際等に外部のどこにつながるか確認をしておくと安心です。また、エレベーターによっては中に保守会社名、エレベーター管理番号、電話番号等を記載したステッカーが貼ってありますので、確認してください。

  3. エレベーターの安全管理
    (1) 定期検査報告制度の見直し(平成20年4月1日)
     ・ 目視で行われていたブレーキパッドの摩耗検査を器具で厚みを測定することに変更
     ・ ワイヤロープの損傷は、判定基準を法令で明確化
     ・ ブレーキパッドとワイヤロープは写真を撮影して報告
    (2) 戸開走行保護装置の義務付け(平成21年9月28日)
    平成21年9月28日以降に設置されたエレベーターに設置義務付け、装置の点検も追加
    (3) エレベーター安全装置設置済みのマーク表示制度の新設(平成24年8月)
    戸開走行保護装置が設置されているエレベーターへ設置済みの安全マークを貼ることができる制度を新設
    (安全マークは地震時管制運転装置が設置されたエレベーターにも貼付)

     本件の問合せ先:消費者庁消費者安全課(河岡、小原担当官) 03(3507)9137(直通)


Copyright(C)2013 PICT. All rights reserved.