業務知識・判例
9月1日は防災の日
災害に備えて各住戸で防災グッズを準備しよう!

 今回は、災害に対する家庭内での日常の備えについて考えて見ましょう。

 救援物資の到着やライフラインの復旧には時間がかかります。非常食や水は最低3日分は、すぐに持ち出せる場所にリュック等に入れて準備しておきましょう。懐中電灯はすぐ使える場所へ、衣類は季節に合わせて入れ替えが必要です。これとは別に、貴重品の持ち出しも準備してください。

 地震は夜発生することもあります。寝室には、スリッパ、懐中電灯を置いておきましょう。最近は、手回しのハンドルがついた充電ラジオが市販されています。

 これにはライト、サイレン、携帯電話の充電機能等がついており、小型でかわいくデザインされています。電池で動きますので、寝室に1台置いておくのもよいでしょう。

 次に常備品の参考事例を記載しましたので、ご家庭にあった防災グッズのリストを作り、準備してください。

食料品
1
飲料水(1人/日/3リットル目安)
2
米・レトルトおかゆ
3
インスタントラーメン
4
クラッカー・乾パン
5
梅干
6
缶詰(缶切り)・万能ナイフセット
医療品・救護・避難防具
1
包帯・ガーゼ・脱脂綿
2
三角巾・ハサミ・マスク
3
消毒薬・軟膏
4
胃腸薬
5
カットバン・ちり紙
6
バール・工具セット・ロープ
7
軍手・タオル・牛革手袋・ゴム手袋
8
帽子・底の厚い靴・スリッパ
9
ポリ袋・非常持ち出し袋
10 簡易トイレセット
11 ワイヤ・ダイヤルロック
12 サバイバルブランケット(保温)
12 懐中電灯・予備電池
1
乳児がいる場合 粉ミルク、哺乳瓶、紙おむつ、下着類、ぬれティッシュなど
通信用具
1 防災ラジオ(手回し充電式)
2 携帯電話・ローソク・ライター
3 筆記用具・便箋・封筒・切手
4 マジックインク・セロテープ
1 ヘルメット・毛布
2 ビニールシート・雨具(ジッパー付ポリ袋、濡れては困るもの用)・ブルーシート(雨よけ、プライベートスペースの確保)
3 卓上コンロ・ボンベ
4 ウォーターバッグ(水を入れると垂直に立つチャック付)
1 下着類
2 生理用品
3 緊急連絡先リストと地図
4 ランドリー袋(丈夫なポリ袋)及び洗濯用液体せっけん
2 老人、障がい者がいる場合 おんぶ紐、常備薬、おむつ、介護用品、担架代わりになる椅子など


Copyright(C)2012 PICT. All rights reserved.