秋の福管連交流会報告、第2弾!!
その1.中央支部交流会
 平成23年10月30日(日)13時30分から、福岡市立青年センター(福岡市中央区大名2丁目)5階 セミナールーム『あすみん』で、福管連中央支部交流会が開催されました。

 当日はあいにくの雨模様のため、申し込みされた方に来ていただけるものか、中央支部スタッフの中にも一抹の不安がありましたが、最終的には29名もの皆様に出席していただくことができました。ご出席していただいた皆様、ありがとうございました。
 中央支部委員の福管連 松井理事の司会のもと、中央支部長の福管連 岩崎監事のユーモアを交えた挨拶から交流会はスタートしました。
第1部 『標準管理規約が改正されました!』

 平成23年の7月27日に、国土交通省が標準管理規約を改正したのを受けて、福管連でも「福管連モデル規約」全体の見直しを行った上で改正を行いましたが、その際改正を担当したひとりである中央支部委員の福管連 田中理事が次の内容で話をしました。

1.管理規約とは (民法と区分所有法、管理規約の関係)
2.国土交通省「標準管理規約」とは
3.国土交通省「標準管理規約」の主な改正項目
4.「福管連モデル管理規約」の主な特徴

 さすがに今回出席していただいた方は、規約改正に興味のある方がほとんどだったようで、皆様熱心に話を聴かれ、盛んにメモをとられていました。そして、販売を開始したばかりの「福管連モデル規約」を、さっそく買い求めていただきました。
第2部 『質疑応答と出席管理組合様との情報交換』
 10分間の休憩をはさんで、中央支部委員の福管連 森口理事が進行役をつとめ、質疑応答並びに意見交換会を行いました。質問に対する回答は支部委員4名全員であたりましたが、出席者の方からの意見や質問が次から次へと飛び交い、1時間の制限時間いっぱい会話が途切れることがなく、文字通りの「交流会」になりました。


Copyright(C)2011 PICT. All rights reserved.