平成23年度より、住宅エコポイントの対象が拡大されました!

 エコ住宅のリフォーム等に併せて設置する省エネ性能が優れた住宅システムの一体的導入を促進するため、住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)、節水型トイレ、高断熱浴槽へポイント発行対象が拡充されました。
   
 拡充された住宅設備(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽)については、平成23年1月以降に工事着手するものを対象とし、平成23年1月11日から申請の受付が開始されました。

【エコポイントの対象】
A. 窓の断熱改修(ガラス交換、内窓の設置、外窓の交換)
改修後の窓が、省エネ基準(平成11年基準)に規定する断熱性能に適合し、使用する建材が住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象。
B. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、一定の量の断熱材(ノンフロンのものに限る)を用いる断熱改修で、住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。
▲天井の断熱改修
C. バリアフリー改修
AまたはBの改修工事と一体的に行うバリアフリー改修工事が対象。
手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張
D. 太陽熱利用システムの設置
平成23年1月以降にポイント対象工事を含む工事全体に着手し、AまたはBの改修工事と一体的に行う太陽熱利用システムの設置工事が対象。
E. 節水型トイレの設置
AまたはBの改修工事と一体的に行う節水型トイレの設置工事を対象とします。ただし、使用する節水型トイレは、一定の洗浄性能等が確認されたものが対象となります。
F. 高断熱浴槽の設置
平成23年1月以降にポイント対象工事を含む工事全体に着手し、AまたはBの改修工事と一体的に行う高断熱浴槽の設置工事を対象とします。ただし、使用する高断熱浴槽は、一定の保温性能等が確認されたもので住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。
  ※詳しくは、住宅エコポイント事務局のホームページをご覧ください。


Copyright(C)2011 PICT. All rights reserved.