ゼロから完成まで

グランピア赤坂大規模改修工事見学を終えて
福管連修繕勉強会 グリーンマンションやよい坂 野口 功成
 福管連修繕勉強会では、毎月1回第4土曜日(15:30〜17:30)に、マンションの建物・設備等の修繕・改修・維持管理等々について専門の工事業者及び資材メーカーの方を講師として座学で勉強しています。

 又、福管連主催で、大規模改修工事見学会もたびたび実施されていましたが、改修工事がほぼ完了した時点での見学会でした。

●ゼロから完成まで画期的な見学会
 この度のグランピア赤坂の大規模改修工事見学は、ゼロ(工事開始前)から完了(工事引渡し)まで、平成20年8月23日・9月27日・10月22日・11月25日・12月20日の都合5回の見学をする機会に恵まれました。 ▲熱心にメモする事前説明参加者
 工事見学は、毎回工事業者の現場責任者、資材メーカーの方・設計監理の藤井先生が、劣化箇所の改修方針(工法)、使用資材等についても資材の見本を見せながら、一つ一つ説明をしてくださるので容易に理解ができ、またとない実体験での勉強をすることができました。

(注)下地補修箇所のマーキングは劣化の度合により色を変えてマーキング、(マーキングの色の説明は居住者に分かるようエントランスホール工事関係の掲示板に表示)がされていました。

●百聞は―見に如かず ・・・
 見学最終日は工事完了検査を管理組合役員、設計監理の藤井先生、改修業者、資材メーカーの方々が立会いでの竣工検査を見学でき、その後管理組合が受取る「大規模改修工事竣工図書」の中身を一つ一つ具体的に説明をしていただき、まさに「百聞は―見に如かず」の貴重な見学でした。

●大規模改修工事のコンセプト ・・・
 工事見学初日に森口理事長の挨拶で「地震の影響もかなりあり応急処置はしていますが、今回の大規模改修工事に廻していることもあり、やらなければいけない工事はすべて実施することにした。」との言葉が強く印象に残っています。
当マンションの森口理事長、本嶋副理事長は福管連修繕勉強会のメンバ―でしっかりと勉強されておられ、修繕委員長共々にマンション居住者の意見要望を上手に汲み上げ良く纏め上げられておられました。

●改修工事箇所は多方面 ・・・
 当マンションは、福岡都心赤坂T丁目に位置し、福岡沖地震の影響も受けており、地震に対する対策も含め、劣化箇所の改修に伴い、バリユーアップをコンセプトに、建物全体の美観にも配慮した大規模改修工事が実施されています。
▲勉強会ユニホーム着用で見学実施
  1. マンションの顔と言われるエントランスホールは、全体(壁・照明等々)がバリューアップされています。

  2. 集合郵便受けの各戸のネーム版を大きき書体を統―の上、管理組合で作成し全戸表示してあること。 (店舗・事務所・住まいの混在するマンションのため統一した)

  3. 1階階段横のホールを見直し、居住者が集える憩いの場所に改修、1階階段下を掃除用具等が入れられる倉庫に改修。

  4. 各戸玄関扉の改修

  5. 屋上防水工事は雨水が溜まらずにスムーズに流れ、排水できるよう工夫が施され、外壁塗料も汚れにくい、雨水で汚れも流れ落ちる塗料を使用する等々、福岡都心のマンションであることを念頭に置いて建物の美観にも配慮した大規模改修工事でした。

●非常に参考になった見学会でした ・・・
 この様な大規模改修工事見学を引き受けて下さった、森口理事長・本嶋副理事長及び工事の内容、工法、使用する資材等について懇切丁寧に説明をしていただいた、設計監理の藤井先生、工事業者、資材メーカーの方々に深く感謝致しています。

 我がマンションの次回大規模改修工事の時には、役立たせたいと思っています。


Copyright(C)2009 PICT. All rights reserved.