2011年7月24日からテレビが映らなくなります!
− 2011年7月24日からもテレビをみるために今すること −

2011年7月24日から、今までのテレビは映らなくなります!

 福岡で地上波デジタル放送が、開始されて1年が過ぎました。
 皆様のお宅では、デジタル放送を見ていますか?

 今はアナログ放送と、デジタル放送を見ることが出来ますので、綺麗な映像を見るためにデジタル放送対応のテレビを購入し見ていると思いますが、2011年の7月24日には、アナログ放送の電波は流れなくなります。


アナログ放送とは、今のテレビ放送のことです。

 デジタル放送の電波を受信する設備がないマンションは、2011年7月24日から、テレビは映らなくなります。
 某新聞で福岡市民のデジタル放送に関しての意識調査アンケートが載っていましたが、関心があるが17%、その他大半は、まだアナログ放送があるからそのときになって考えます、との回答でした。

 地上波デジタル放送についての意識の低さがはっきりとでていると思います。
 なぜ地上波デジタル放送を見ることが出来ないのか、なぜ今からデジタル放送のことを考えなくてはいけないのか、以下Q&Aでまとめてみました。


Q1
地上波デジタル放送対応のテレビ又はチューナーを購入したのに受信できないのはなぜ?
A1
現在、UEF放送を受信している設備があれば基本的には受信可能です。
ただし、今、お使いのアンテナや、ブースター、分配器、壁面テレビ端子、ケーブル等の関連機器がデジタル放送に適さない場合は調整や交換が必要になります。また地域によっては地上波デジタル放送用のUHFアンテナを新たに追加する場合があります。

Q2
今のUHFアンテナで地上波デジタル放送が受信できないの?
A2
地域によっては、現在のアナログ放送の送信塔と地上波デジタル放送の送信塔の位置が異なる場合があります。 その場合はアンテナを新たに設置する必要があります。また同一方向でも今のUHFアンテナが地上波デジタル放送対応でない場合も新たに設置する必要があります。

Q3
なぜアナログ波と、デジタル波を同時配信する必要があるの?
A3
集合施設の場合、全世帯、全テレビが地上波デジタル放送対応テレビ又はチューナーが設置されているわけではなく、アナログ放送用のテレビで受信されているところもあるからです。
ただし現在のアナログ放送は2011年の7月24日で終了しますので、それ以後は、デジタル波だけの配信でよくなります。

Q4
なぜ調査する必要があるのでしょう?
A4
基本的にはUHFアンテナがあれば受信できる場合がありますが、施設によってはアンテナの方向が違っていたり、フィルターが設置され地上波デジタル放送のチャンネルがカットされていたりテレビ関連機器がデジタル対応出来なかったり、施設が古く配線ケーブルがデジタルに適していなかったり、ごくまれに地上波デジタル放送が受信できない地域だったりする場合があるため、工事をする前に調査をする必要がでてきます。

Q5
2011年7月近くなってから工事や調査をしてもよいのではないでしょか。
A5
アナログ放送の終了日は日本全国同一日時で決まっています。
それなのに現在、全国的に地上波デジタル放送に対応していない施設が圧倒的に多いことを考えると、2011年7月が近づくにつれて工事・調査依頼が殺到し混乱することが予想されます。
特に福岡都市圏の地上波デジタル放送は東名阪より約3年遅れて開局されたこともあり、調査・工事がかなり遅れています。
今の生活で1日でもテレビが映らない日があると、大変不自由な思いをし、混乱するでしょう。
この混乱を避けるため、せめて自分のマンションでデジタル放送を受信するために何をしたら良いかは、最低限把握しておきましょう。
その上で、工事が必要となれば、総会にて工事費用の予算を取る必要があることを考えると、決して今から準備して早すぎることはありません。

もし、お住まいのマンションで、デジタル放送の話題が全くでないのであれば、
理事会に検討を要請しましょう。
終わりに
 現在マンションでは、ケーブルテレビを導入しテレビを受信しているところも多いようです。
 ケーブルテレビが導入されている場合はデジタル放送を受信するためマンションにアンテナを立てる必要がない場合もありますが、それでも自分のマンションがどんなシステムでデジタル放送を受信するのか、理解しておきましょう。

デジタル放送テレビや、チューナーを購入する前に必ず自分のマンションではデジタル放送を受信できるのか確認しましょう。 
もしテレビを買ってもデジタル放送受信設備がないのであれば、デジタル放送は写りません。
そしてそのままにしておけば、2011年7月24日から、テレビは映らなくなります! 
<資料提供 : DXアンテナ(株) 西岡 義廣>


Copyright(C)2007 PICT. All rights reserved.