増える排水管更生工事

 排水管は、長期間使用しているうちに、管内に油分、綿屑、髪の毛など異物が詰まり、さらには錆が発生してきます。そうして、排水の引きが悪くなったり、漏水、異臭、異音が生じてきます。
 排水管が腐食し、孔が開いてしまえば、管そのものを取り替える「更新工法」をとらざるを得ません。しかし、更新工法は、費用がかさむ上に、工期が長く生活の不便も出てきます。
 これらの問題点を解決する工法として、「更生工法」が開発されました。


「更生工法」とは

 更生工法とは、排水管の内部を砂などで研磨した後、樹脂を塗布する工法です。管全部を取り替える更新工法と違って、今までの管をそのまま活用する点で、費用も安く、工期もほぼ1日と生活の不便さが著しく軽減されます。
 更生工法の技術開発が遅れていたのは、次の理由からです。
1. 排水管は給水管と違い、油分や髪の毛などの異物が詰まるのでそのクリーニング技術が難しいこと。
2. 管の内部に塗布する樹脂が、給水管以上に高い耐久性が求められること。
3. 排水管の管口径が給水管と比べて大きいために、管内部のすべてに、樹脂を塗布する技術が難しいこと。

3工法が技術審査証明

 最近は、給水管の更生工法を応用した技術が、排水管にも適用できるようになりましたので、排水管の修理に際して、更新工法まで行う必要がない場合には、更生工法を採用するマンションが増えています。そうして、公的にも次の3工法が、排水管更生工法に関して技術審査証明を受けています。
1)DREAM工法
2)Re−FLOW工法
3)BM排水管更生工法

いずれの工法も、次のような工程で作業を行います。

1
調査・診断 2 諸準備 3 管内研磨 4 検 査
5
樹脂塗布 6 乾 燥 7 テスト・検査 8 完 了

・ 管を取り替えないで長命化する工法です。
・ 工期は1日程度です。 ・ 費用は、更新工法の約5割〜6割程度です。
・ 工事中の騒音・振動・粉塵の発生は大幅に減少されます。




Copyright(C)2003 PICT. All rights reserved.