「広報 誌」てますか!

 『理事会はよく頑張っているんだが、居住者が管理組合の運営に対して無関心で協力的でない』、、、理事長からよくこんな声を聞きます。
 理事会で検討した案件や、対応に手間取っている問題等を広報誌で皆さんに伝えることにより、理事会でなにをやっているか皆さんに理解してもらうことも大切なポイントです。理解してもらえば、協力も得られるはずです。ひいては、理事会で案件事項が総会の議案に上ってもスムーズに可決されるかもしれません。
 会員のマンションからいただいた広報誌の中から一部抜粋した記事を紹介します。



居住者はお互いに挨拶を交わしましょう
− 安全は協力して作り上げるもの ―
 防犯意識の高いマンションは、住んでいる人達がお互いに挨拶を交わし合い、よく知り合って、不審者を寄せ付けないと言われています。安全で快適なマンション生活は、与えられるものではなく皆で作り上げるものです。
 「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「失礼します」の挨拶を交わしましょう。
 (注)不審な人を見かけたら TEL 512−2661(南署)へ

平成14年度第6回理事会報告
− 修繕工事のご協力有難うございました −
(1) 外構・鋼製柵・橋・入口ゲート等の塗装が、皆様のご協力を得て無事に終了することができました。お礼を申し上げます。
(2) 外部アルミサッシ関係につきましては、アンケートを行い、その後、理事会で検討いたします。
(3) 外灯の点灯時間を変更いたしました。
 
<以下 略>



Copyright(C)2002 PICT. All rights reserved.